美白 ハイドロキノン 通販

美白に効果的なのはハイドロキノン

ハイドロキノンという名前は、美白に興味のある方ならばご存知でしょう。ハイドロキノンは、非常に高い美白効果で知られています。美容の先進国であるアメリカやヨーロッパでは、美白と言えばハイドロキノンが主流となっています。

 

ハイドロキノンの魅力は、シミの予防はもちろん、出来てしまったシミにも効果があるということです。一般的な美白化粧品は、じつは「予防」にしか効果がないのをご存知ですか?もちろん予防も大切なのですが、「既に出来てしまったシミをなんとかしたい!」と思っている方は多いはずです。特に女性の場合は、妊娠や出産を機にシミが増えてしまったという方も多いようです。30代以降の女性のお肌の悩みランキングでは、上位には必ず「シミ」が入っています。この「出来てしまったシミ」に効くのがハイドロキノンなのです。

 

ハイドロキノンには、シミのもとのメラニンを薄くする還元作用があります。ですから出来てしまったシミを薄くすることが可能なのです。また、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素やメラノサイトの活性も抑えるので、新たにシミが出来るのを予防することも出来ます。既にできてしまったシミに効果があり、シミの予防効果もあるハイドロキノンは、美白には欠かせない成分なのです。

 

 

ハイドロキノンってどんなもの?

 

ハイドロキノンは美白に効果が高いということは知っている方でも、はたしてハイドロキノンがどんなものであるかを知っている方は、少ないかもしれません。ここではハイドロキノンとはどんなものかを、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

ハイドロキノンは、イチゴ、コーヒー、麦芽、ブルーベリーなどに含まれている天然の成分です。ハイドロキノンには、還元作用があります。還元作用というのは酸化を抑える作用で、反対に自身は酸化されやすくなります。その性質を活かして、もともとハイドロキノンは化粧品ではなく、写真現像の還元剤やゴムの酸化防止剤として使われていました。そして、それらを使っていた人たちの肌が白くなったことから、美白成分として注目されるようになったのです。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、シミを薄くする効果があります。これは、ハイドロキノンの還元作用がメラニンを薄くするからです。また、メラニンを作るために必要なチロシナーゼという酵素や、メラニン生成細胞であるメラノサイトの活性も抑えます。ですからシミを薄くし、さらにシミが出来るのを予防することも出来るのです。

 

ハイドロキノンは、アメリカでは美白成分としては最もポピュラーなものです。ただ、扱いが難しいことから、長年日本では医師の処方がなければ使うことが出来ませんでした。それが2001年に薬事法が改正されてからは、化粧品にも使用できるようになったのです。

 

ただし、ハイドロキノンを使う上ではいくつか注意が必要です。「5)ハイドロキノンのデメリット」の章でもお伝えしましたが、ハイドロキノンには、

 

・刺激が強い
・紫外線に弱い
・酸化しやすい
・濃度が高すぎると白斑が出来ることがある

 

といったデメリットもあります。ハイドロキノンにはこういった性質があることをキチンと理解した上で、正しく使うことが大切なのです。

 

といっても、必要以上に怖がることはありません。使用期限を守ること、紫外線の影響のない夜に使用すること、高濃度の5%以上のものは医師の指導の下で使うこと、そして何よりもお肌に低刺激のハイドロキノン配合化粧品を選ぶようにすることです。

 

ハイドロキノンは、濃度が高くなるほど刺激が強くなります。ただ、濃度が低くなると美白効果が低くなってしまいます。これらを踏まえた上で、ハイドロキノンが低濃度でも、ケアしたい部分にしっかりと成分が浸透するハイドロキノン配合化粧品を選ぶことがポイントなのです。

 

ネット通販ならば手軽に購入出来て長く続けられる

美白化粧品は、長期的に使うことが大切です。ですが、うっかり手持ちの美白化粧品を切らしてしまったり、お店に買いに行くのがめんどうだったり・・・ということは、よくあるのではないでしょうか。そんな方には、美白化粧品をネット通販で購入されることをおすすめします。

 

現在は、スキンケアブランドのネット通販も色々とあります。直接デパートやドラッグストア等お店に買いに行かずに済みますから、とても便利です。いつでもご都合の良い時に注文することが出来るというのも、忙しい方には助かるでしょう。また、ポイントがついたり、便利な定期コースがあったりと、通販ならではのサービスも魅力です。定期コースを利用すれば、買い忘れの心配もないですね。カスタマーサポートセンターがあるのも安心です。

 

他にも、ドラッグストアなどで売っている市販の美白化粧品を、ネット通販で購入するという方法もあります。ですが、スキンケアブランドの通販の方が、カスタマーサポートセンターでお肌に関する相談、製品についての説明なども聞くことが出来るという点では、メリットがあるのではないかと思います。

ハイドロキノン配合美白化粧品を扱うスキンケアブランド通販一覧

◎ビーグレン
美白先進国アメリカのブランドです。薬学博士のDr.ケラーが開発した美白化粧品を展開しています。アメリカのブランドではありますが、日本人の肌に合うように開発をしていて、全て日本製なので安心して使えます。医療技術のQuSomeという浸透テクノロジーを応用したQuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノンの配合が1.9%で、4%配合と同等の効果を得ることが出来ます。肌への負担が少なくて済むので、敏感肌の方でも安心です。肌の悩み別に8種類のトライアルセットがあります。

 

◎アンプルール
皮膚科医が開発をしたドクターズコスメです。マイクロカプセル化された「新安定型ハイドロキノン」を配合したシリーズがあります。中でも、ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、新安定型ハイドロキノンをシリーズ最高濃度で配合した美容液で、スポットケアをしたい方に人気があります。2種類のトライアルセットもあります。

 

◎プラスキレイ
ハイドロキノン専門店です。多くの医療機関やサロンなどにも、ハイドロキノン製品を提供してきました。ハイドロキノン4%配合の集中ケアクリーム プラスナノHQが一番人気です。ナノテクノロジーで、肌の奥までアプローチすることが出来ます。お得な初回限定セットや、約1週間分のお試しサイズもあります。

 

◎サンソリット
全国の医療機関でも扱われていて、ドクターからも支持されているブランドです。ハイドロキノンを4%と高濃度配合したホワイトHQクリームや、ハイドロキノン、BHA、AHAを配合したピーリング効果のあるソープ スキンピールバーハイドロキノールがあります。

 

◎セルピュア
皮膚科医が監修したドクターズコスメです。ブライトニングクリスタルは、ハイドロキノンを5%と高濃度配合したクリームです。低濃度のハイドロキノンでは満足出来なかった方にもおすすめです。

ドラッグストアで入手できるハイドロキノン配合美白化粧品一覧

ハイドロキノン配合の美白化粧品は、ネット通販での購入がおすすめです。種類も多いですし、何といっても便利です。そして、カスタマーサポートセンターがあって、製品についてわからないことやお肌の相談が出来るというのも大きなメリットです。とはいっても、ドラッグストアにはどんなハイドロキノン配合美白化粧品があるのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。ご参考までに、ご紹介します。

 

◎オバジ HQ ブライトニングナイトセラム
ロート製薬とスキンケア研究者のオバジ氏によるブランドです。オバジはスキンケアのブランドとしては、その高い技術が信頼を得ています。美容液HQ ブライトニングナイトセラムには、安定性の低いハイドロキノンを独自の製法で安定的に配合しています。ケアしたい部分にしっかりと密着するので、効果を十分に発揮します。

 

◎デルミサ スキンフェイドクリーム
アメリカ発のハイドロキノン配合のスキンケアブランドです。世界の22ヶ国でベストセラー商品となっており、年間100万個を売り上げています。スキンフェイドクリームには、ハイドロキノンが2%とビタミンCが配合されています。ハイドロキノン配合化粧品しては50gと大容量ですが、安定的にハイドロキノンを配合しているので、1ヶ月以上の長期保存が可能です。50gで約2ヶ月使うことが出来ます。

ハイドロキノンのデメリット

シミには大変効果の高いハイドロキノンですが、それだけにデメリットもあるので、使い方には注意が必要です。効果的に使いこなすためにも、ハイドロキノンのデメリットを知っておくことは大切です。

 

◎刺激が強い
効果が高いということは、それだけ刺激が強い成分でもあるということです。濃度が高いものほど刺激が強くなり、肌の炎症などのトラブルを起こしやすくなるので注意が必要です。

 

◎紫外線に弱い
ハイドロキノンを塗った肌が紫外線を浴びると、シミが濃くなってしまいます。ハイドロキノン配合の化粧品は、夜使うのが基本です。そして、朝はキチンと洗顔をして洗い流すことが大切です。ハイドロキノンが配合された化粧品を朝使う場合は、しっかりとした紫外線対策が必要です。

 

◎酸化しやすい
ハイドロキノンは、安定性が低く酸化しやすい性質です。酸化した時に出来るベンゾキノンは、肌を刺激して炎症を引き起こすことがあります。そのため、ハイドロキノン配合化粧品は、1つの容量が小さくなっています。開封後は、説明書の期限までに使い切りましょう。

 

◎濃度が高すぎると白斑が出来ることがある
ハイドロキノンが高濃度であると、白斑が出来てしまうことがあります。今のところ、5%未満では白斑の報告はありません。

ハイドロキノン配合化粧品の選び方

ハイドロキノンは美白効果が高い分、刺激が強かったり安定性が悪かったりと、使用上で注意が必要です。また、ハイドロキノンの配合率が高いほど美白効果は高いのですが、その分、肌の炎症や白斑などのリスクも高くなります。

 

濃度はそれほど高くなくても、ケアしたい部分に確実に届けば、刺激は少なくても高い効果を得ることが出来ます。そのためには、ハイドロキノンの浸透率を高くすることが必要になってきます。また、ケアしたい部分に確実に届けるためには、ハイドロキノンの安定性を高くすることも大切です。ハイドロキノン化粧品による肌へのトラブルを避けるためには、低濃度でも浸透率が高いもの、ハイドロキノンの安定性が高いものを選ぶようにして下さい。

 

ハイドロキノン配合化粧品の購入方法としては、ネット通販やデパート、ドラッグストアでの購入があります。便利なのはやはり、いつでもご都合の良い時に注文できるネット通販でしょう。スキンケアブランドのネット通販でしたらお肌の相談なども出来るので安心ですし、定期コースを利用すれば買い忘れの心配もありません。

 

以上、ハイドロキノン配合化粧品を選ぶ際のポイントをご紹介しましたが、それらを踏まえた上で当サイトがおすすめしたいのは、スキンケアブランド ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。QuSomeホワイトクリーム1.9ならば、ハイドロキノンのデメリットを克服しているので安心してお使いいただけます。次章の「7)ビーグレンをおすすめする理由」でおすすめポイントをまとめてみました。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9をおすすめする理由

◎QuSomeホワイトクリーム1.9ならば肌への刺激が少ない

 

・低刺激
ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、QuSomeという医療技術を応用しています。これは国際特許も取得している浸透テクノロジーです。QuSomeホワイトクリーム1.9はQuSomeの技術を使うことにより、ハイドロキノン配合量1.9%でありながら、4%と同じ効果を得ることが出来るのです。つまりハイドロキノンの量が少なくて済みますから、肌への負担が抑えられるわけです。炎症や白斑など、お肌のリスクを減らすことが出来ます。皮膚科で処方される高濃度のハイドロキノンでは合わなかった敏感肌の方でも、ビーグレンなら大丈夫という方も多いのです。

 

・安定性が高い
ハイドロキノンは安定性が低く、酸化や変質しやすい成分です。しかし、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、浸透テクノロジーQuSomeによってハイドロキノンをQuSomeで包み込んでいます。それにより安定性が保たれ、変質しにくいのです。

 

◎ビーグレンなら信頼出来てサービスも充実

 

ビーグレンは、ハイドロキノン配合化粧品の販売実績が10年以上と、信頼できるブランドです。サービスも充実しているので、安心してご購入いただけます。以下、ビーグレンのおすすめポイントをまとめました

 

・ビーグレンは美白先進国アメリカのブランドです。薬学博士Dr.ケラーが開発しているので、その効果は信頼できます。

 

・日本人の肌に合うように研究開発をしています。全製品日本製なので安心です。

 

・ビーグレンには、24時間365日サポートのカスタマーセンターがあります。製品の発送状況などはもちろん、お肌の悩みや製品についての質問も受け付けています。お問合せフォームから問い合わせをすると、原則48時間以内には回答してくれます。返信方法は、メール、電話、お好きな方を選べます。

 

・365日間返金保証があります。お肌に合わなかったり、効果に満足出来なかった場合は、注文した日から365日間は返金が出来ます。

 

・トライアルセットがあります。ホワイトケアはもちろん、エイジングケア、毛穴ケアなど、お肌の悩み別に8種類があります。まずはトライアルセットで試してみると安心でしょう。

 

ハイドロキノンは美白効果が高いけれど、刺激が強そう・・・と躊躇している方には、低濃度で効果の高いビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9がおすすめです。まずは、お得なトライアルセットを試してみてはいかがでしょうか。